食べ物の消化吸収が良くなる

歯並びを矯正することで、
食べ物の消化吸収率も良くなるというメリットが得られます。

 

私達が食べ物を食べると歯でそれを咀嚼してから、
食堂を通って胃腸に運ばれていくのですが、
歯並び悪いとかみ合わせがよくありませんので、
きちんと食べ物を咀嚼することが難しかったりするのです。

 

また消化吸収が悪くなると、
腸の働きも鈍り便秘にもなりやすくなります。
便秘が続くと免疫力も低下して体の不調が現れやすくなってしまいます。

 

よく噛めることと消化吸収にはとても深い関係があり、
よく噛めるようになると唾液や胃液などの消化液の分泌が活発になるのです。
これらが食べた物の消化と吸収を助けてくれるようになります。

 

今まで慢性的な消化不良や胃もたれに悩まされていた方は
きっとそれを胃腸の働きが悪いのが原因だと思っていたことでしょう。

 

自分の歯並びをチェックしてみましょう。
もしも歯並びが良くないと思ったら、
歯科矯正を受けることで胃腸の不調が改善されるようになるかもしれません。

 

また唾液が増えることによってさまざまなメリットがもたらされるようになります。
唾液は消化と吸収を助けてくれるだけでなく、
虫歯リスクを減らしてくれるのにも働いてくれます。
唾液は殺菌作用が強いため、
口内の虫歯菌を殺菌してくれるように働いてくれます。

 

よく赤ちゃんでよだれの量が多い子供は、
虫歯になりにくいと言われているのですが、
それにはこういった理由があるからなのです。

 

唾液が増えることで虫歯だけでなく
口臭予防や改善にも効果が期待できます。
 

関連ページ

自分に自信がついて、見た目も良くなる
自分に自信がついて、見た目も良くなる
姿勢が良くなる
姿勢が良くなる
日本人は歯並びが悪い?
日本人は歯並びが悪い?