保険が適用される治療と適用されない治療

歯科医院で治療を受ける際には、保険が適用される治療と適用されない治療が存在しています。
例えば典型的な例で、ホワイトニングは歯を白くする治療ですが、審美性のために行われる治療です。
そのため保険は適用されません。

 

対して虫歯は、治療をしなければ歯の痛みは続きますし、何より重度の虫歯は歯を失うリスクもあります。
歯が失われてしまうと、噛む事が出来なかったり、発音がしにくくなってしまいます。
そのため健康を損ない、日常生活に支障が出てしまいます。
なので虫歯の治療は、保険が適用されます。

 

また歯を失った場合に、インプラント治療は保険が適用されませんが、入れ歯は保険が適用されます。
つまり同じ症状であっても、保険が適用されている治療法と保険が適用されていない治療法があるわけです。

 

歯科医院での治療において、保険が適用されれば3割負担ですみますが、適用されないと全額負担になってしまいます。
治療にかかる費用が大きく異なるため、保険が適用されるかどうかは非常に重要なポイントとなります。

 

では矯正治療は、保険が適用されると思いますか?
矯正とは、歯並びや噛み合わせをよくする事で、見た目をよくする目的があります。
ですが矯正治療を行った方が、虫歯や歯周病の予防の効果がありますし、噛む力が均等になった方が顎の負担も軽減されます。
将来の健康のためにも効果があると言えるでしょう。

 

ですが残念ながら基本的に、矯正治療は全額負担となります。
ただし、例外として矯正しなければ日常生活に支障が出る「口蓋裂や口唇裂などの先天的な咬合機能」と「外科的な治療が必要な顎変形症」に対してだけは、矯正治療でも保険が適用されます。

 

にいむら歯科医院