日本人は歯並びが悪い?

日本人は美意識がとても高いと思っている方も多いでしょう。

 

しかしながら外国人が日本人を見て
気になる点がいくつかあるのだそうです。

 

その一つが歯並びです。
外国人、特に欧米諸国の方から見ると、
日本人には歯並びが悪い人が多いのだそうです。

 

実は欧米諸国では歯並びや歯の美しさが大変重要視されており、
これらのケアにとても気を遣っています。

 

一方で日本人は歯並びや歯の色に関しては欧米諸国ほど重視されておらず、
芸能人やモデルといった人前に出る仕事に従事している方が
歯のケアを重点的に行っていたのです。

 

ところがこの数年で一般人でも歯の美しさを重要視する傾向が強まって、
歯科矯正や審美歯科を受診する方が増えているのです。
八王子で矯正を中心に行っている歯医者も、こうした歯の見た目を大事にするニーズに応えている歯科であるといえます。

 

歯並びに関する重要性についてアンケートをとってみると、
見た目だけでなく健康面での重要性を理解している方が
日本人にはとても多いのですが、
実際は歯並びの治療に踏み切っている人はまだまだ少数なのです。

 

歯並びが悪い人はそれを気にしていますし、
可能であれば治したいと考えたりもするのですが、
なぜ歯科矯正を受けようとしないのでしょうか。

 

一つに矯正方法に対して不安があるからということが挙げられます。
歯科矯正の方法は専用の金属を装着して
しばらく過ごす必要があるのですが、
矯正器具をつけて生活するのに抵抗がある、
その利用に不安があるといった意見が多く聞かれます。

 

歯並びをよくしたいと言う気持ちはあるけれど、
矯正治療に対してマイナスイメージが強すぎるため
治療に踏み切る人がなかなか増えないのです。