妊婦さんの矯正

歯並びが気になっていた方の中には、
「仕事をしていると、矯正したくてもなかなかタイミングがない」という方も多いと思います。

 

しかし、女性の場合には結婚後、妊娠後に仕事から離れる方も多いですから、
「この機会に、矯正をはじめようかなぁ」と考える方もいるでしょう。

 

しかし、妊娠中となると「矯正は出来るの?」と疑問を持たれる方もいるでしょう。

 

では、矯正歯科で行っている妊婦さんの矯正について、ご紹介しましょう。

 

まず、矯正治療を行っている方が途中で妊娠をされても、
妊娠中に矯正の治療をはじめても、赤ちゃんには影響はありません。
そのため、安心して妊娠中も矯正治療を行うことが出来るんですよ。

 

矯正治療の際には、装置をつけることになりますが、
装置を付けたままで出産を迎えても問題ありません。

 

ただし、妊婦さんの場合には、通常の状態よりも虫歯リスクが高い状態となっていますから、
常に口の中の衛生状態を保っておくことが必要。

 

妊娠中には、つわりで今まで通りに歯磨きが出来なくなってしまうこともありますし、
ホルモンバランスが変化することから、歯周病菌などが増えやすい状態となります。

 

間食も増える時期となりますから、
虫歯になりやすい環境となってしまうことを頭に入れておく必要があるでしょう。

 

歯磨きが辛い時には、
キシリトールを用いてうがいを取り入れるなどして、口腔ケアを心がけましょう。

 

矯正歯科では、細菌検査やPMTCといったクリーニングも行っていますから、
こういったケアを定期的に行っていくことで、
妊娠中の虫歯リスクなども抑えることが出来るでしょう。

 

六本木周辺で歯科をお探しならこちらがおすすめです。