矯正歯科で舌トレーニング

矯正歯科というと、歯並びを改善するためだけの歯科医院というイメージを抱いている人も多いかもしれません。
確かに歯列矯正は矯正歯科の大事な領域ですが、
それ以外にも顎や舌といったお口の健康を守るために幅広い治療を実施しているのです。
そこで今回は矯正歯科での指導が行われることもある舌のトレーニングについて詳しく見ていきましょう。

 

舌は私たちの口内で非常に重要な役割を果たしています。
舌の位置が悪いと、私たちはものを噛むのも苦労してしまいますし、
噛み合わせが上手くいかないせいで不正咬合が促進されてしまうケースも少なくないのです。
つまり舌の位置や舌の使い方を正しく知っていないと、
矯正治療で歯並びを改善したとしても、また不正咬合に戻ってしまう可能性があるということです。

 

舌の正しい位置として、上顎の前歯に近い位置に舌と突端が密着しているのが理想とされています。
これよりも下部、つまり下顎の前歯の裏側に舌の突端が付いている人は、
口呼吸が促進されるせいで、顎の形さえも少しずつ変わってきてしまうことがあります。
矯正歯科では最初の検査の段階で皆さんの舌の位置を確認し、舌の扱い方についての指導を執り行う光景も見られます。

 

 

 

具体的には、物を呑み込む際の舌の使い方や、舌を持ち上げる訓練です。
物を呑み込む際に舌で歯を押し込んでいるという人は、舌に不自然な力を加え、舌の位置が下になっている傾向にあります。
矯正歯科の治療は顎や歯並びの改善だけではなく、舌を通したお口全体の健康を保持することでもあるのです。
もし矯正歯科で舌の使い方の指導をされたとしても、おかしなことをしているとは考えず、治療の一環として積極的に取り組みましょう。

関連ページ

歯と歯茎の健康を保つ
歯と歯茎の健康を保つ
インプラントを矯正に活用
インプラントを矯正に活用
抜歯をしない矯正治療の方法
抜歯をしない矯正治療の方法
抜歯をする矯正治療のリスクを知ろう
抜歯をする矯正治療のリスクを知ろう
大人の歯の矯正のメリットとデメリット
大人の歯の矯正のメリットとデメリット
ヘッドギアと矯正をスタートする年齢
ヘッドギアと矯正をスタートする年齢
保険が適用される治療と適用されない治療
保険が適用される治療と適用されない治療
インビザラインとは
インビザラインとは
デーモンシステムで矯正期間短縮
デーモンシステムで矯正期間短縮