インプラントを矯正に活用

歯科医療の進歩によって、私たちは歯科疾患や歯列矯正の治療手段として
多くの選択肢から最適なものを選ぶことが出来る環境にあります。
しかしいくら素晴らしい治療があったとしても患者の側がそれを知らなくては実行に移すことが難しいといえます。
そこで今回は歯列矯正の中でも比較的新しい技術といわれているインプラントを用いた矯正方法について詳しく見ていきましょう。

 

インプラントというと、いわゆる義歯の一種と考えている人が多いと思います。
確かにインプラントは人工の歯としては非常に優れた噛み心地を持つ義歯として注目されているものですが、
その仕組みを矯正治療に利用するという取り組みも行われているのです。
具体的な方法は、まずアンカースクリューという比較的短いタイプのインプラントを歯茎に埋め込み、
続いてここに矯正したい歯を引っかけることで歯列を整えていくという方法です。

 

ブラケットやマウスピースによる矯正は、隣り合った歯をまとめて押し込むという方式で
歯に圧力を加えることが多かったのですが、アンカースクリューを利用することで、1本の歯に集中的に外圧を与えることが可能になったのです。
1本の歯にかかる矯正の期間が短縮されるだけでなく、周囲の歯に影響を及ぼすことなく歯列矯正が出来るという画期的な治療となっています。
インプラント矯正のこうした特徴は特に部分的な歯列矯正において力を発揮します。

 

前歯の1本だけが歪んでいて、これを解消したいというとき、
通常であれば周囲の歯との兼ね合いを考えながらブラケットなどで動かすところを、
インプラント矯正ならアンカースクリューを支点に引っ張るだけで事足りるのです。
インプラント矯正についてもっと詳しく知りたいと思った方は、ぜひお近くの歯科医院で話を聞いてみてください。

 

口コミで評判になっている荒川区の歯医者

関連ページ

歯と歯茎の健康を保つ
歯と歯茎の健康を保つ
抜歯をしない矯正治療の方法
抜歯をしない矯正治療の方法
抜歯をする矯正治療のリスクを知ろう
抜歯をする矯正治療のリスクを知ろう
大人の歯の矯正のメリットとデメリット
大人の歯の矯正のメリットとデメリット
ヘッドギアと矯正をスタートする年齢
ヘッドギアと矯正をスタートする年齢
保険が適用される治療と適用されない治療
保険が適用される治療と適用されない治療
インビザラインとは
インビザラインとは
歯列矯正と虫歯対策
歯列矯正と虫歯対策
矯正歯科で舌トレーニング
矯正歯科で舌トレーニング
デーモンシステムで矯正期間短縮
デーモンシステムで矯正期間短縮